HOME > 会社情報

会社情報

ABOUT US

Our Statement:

1952年の創業以来、
自転車用タイヤ・チューブ専門ブランドとして常に挑戦をつづけてきたパナレーサー。
これからも変わらぬクオリティと、変化する時代にあった価値を届けるために。
私たちの核となる新たなステートメント。

タイヤは支える。
あなたのペダルのひと踏みを、力強く前へ前へと進めるために。
タイヤは運ぶ。
あなたが乗せたすべてを、目的地まで大切に守るために。
タイヤは巡る。
あなたの日々を、いつでも、いくつになっても輝かせるために。
やがて、タイヤは消耗する。
だからこそ私たちは、タイヤをつくり続ける。
あなたのひと踏みを、支え、運び、巡らせ、未来へとつなげるために。

Panaracer

Our Mission:

優れたタイヤの提供により、
人々に自転車を通じた喜び、そして安心と安全をお届けし、
社会にサステイナブルな価値をお届けする。

会社概要

弊社は1952年より、自転車用タイヤ・チューブの専業メーカーとして、業務に専念してきました。
自転車が欠かすことのできないスボーツ用品としてその地位を高める中で、
常に新しい挑戦を続け、「世界初」の製品・製法を目指してきました。
今日では、シティサイクル用タイヤチューブからロード、マウンテンバイク用のレーシングタイヤチューブ、
車椅子用、リッターカー、ソーラーカー用など多岐にわたるタイヤチューブの総合メーカーとして、
Panaracerを世界的なブランドにまで成長させるに至りました。

弊社は「産業を通じて社会の発展に貢献する」という経営理念とともに、
「高分子化学で社会に役立つ」企業を目指し、今後も挑戦への情熱を絶やさず前進していきます。

名称

パナレーサー株式会社

創立

1952年(昭和27年)

所在地

本 社/〒669-3464 兵庫県丹波市氷上町石生250番地
TEL:0795-82-6563(代)
営業所/〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館8階
TEL:06-6354-7810(代)
お客様相談室/TEL:0795-82-6806(弊社休業日および土日祝日を除く平日9:00~17:00)

代表者

代表取締役社長 大和 竜一

社屋空撮

沿革

1952年(昭和27年)

ナショナルタイヤ株式会社設立(資本金100万円)
大阪市城東区で自転車タイヤ・チューブ専門工場として創業開始

1963年(昭和38年)

業界初のナイロン製、シングルコード使用のタイヤ生産開始

1965年(昭和40年)

丹波ナショナルタイヤ株式会社を兵庫県氷上郡(現・丹波市)に設立

1969年(昭和44年)

対米輸出開始

1970年(昭和45年)

スキンサイド高級スポーツ用タイヤを開発

1971年(昭和46年)

世界初の自転車用ラジアルタイヤを開発

1976年(昭和51年)

世界初のナイロンコード製競技用チューブラータイヤを開発

1979年(昭和54年)

タイヤの商標を「Panaracer」と制定

1980年(昭和55年)

当社チューブラータイヤを使用して、日本人選手が世界選手権で優勝

1986年(昭和61年)

世界初のポリウレタン製チューブを開発

1990年(平成2年)

当社MTBタイヤ「スモーク」を使用した選手が世界選手権でチャンピオンシップを獲得

1994年(平成6年)

新コンパウンド技術Binary Function Compound Systemの開発に成功

1995年(平成7年)

MTB世界選手権、全日本MTB選手権において当社タイヤを使用した選手がタイトルを獲得

1999年(平成11年)

ナショナルタイヤ株式会社と丹波ナショナルタイヤ株式会社が合併
新コンパウンド技術Zero Slip Grip Compoundの開発に成功
欧州プロロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」で「ストラディアス」を使用した選手がステージ優勝(国産初)
シリカ配合ロードタイヤ「ストラディアス」発売開始

2000年(平成12年)

MTBタイヤ「ファイヤXCプロ」米国TopTen製品に選ばれる(Mountain Bike Action誌)

2001年(平成13年)

当社タイヤ「ストラディアスPRO」を使用するチームが、ジロ・デ・イタリアでステージ優勝を2度獲得(国産初)
当社タイヤ「ファイアXCプロ」を使用するチームが、米国国内シリーズチャンピオンを獲得
当社タイヤ「MACH SS/SK」を使用する日本人選手が、MTB全日本選手権とMTBアジア選手権でダブル優勝

2002年(平成14年)

当社タイヤ「ストラディアス・エクストリーム」を使用するチームがジロ・デ・イタリアでステージ優勝を獲得

2003年(平成15年)

当社タイヤを使用するチームがジロ・デ・イタリアでステージ優勝

2004年(平成16年)

新コンパウンド技術Air Flex Lite Butyl Compoundを採用したレーシングチューブ「R’AIR」の発売を開始
当社タイヤを使用する選手がジロ・デ・イタリアで個人総合2位を獲得。日本製タイヤで初の表彰台獲得

2005年(平成17年)

本社を兵庫県丹波市へ移転
日本製タイヤとしてツール・ド・フランスに初めて参戦

2008年(平成20年)

社名を「パナソニック ポリテクノロジー株式会社」に変更

2014年(平成26年)

グラベル用タイヤ新商品「グラベルキング」発売

2015年(平成27年)

社名を「パナレーサー株式会社」に変更

2021年(令和3年)

社名ロゴをリニューアル
ツアー・オブ・ジャパンで当社がサポートする宇都宮ブリッツェンの増田選手が個人総合優勝
全日本選手権個人タイムトライアルで増田選手(宇都宮ブリッツェン)が2連覇

2022年(令和4年)

創業70周年
ロード用タイヤ新商品「アジリスト」発売